「俺の幸せはどうでもいいのか」と言われてしまったら

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

今日は無料相談コーナーにお寄せいただいたお悩みにお答えいたしますね。

ニックネーム「トヨ」さんからのお悩みです。

離婚宣告から半月で勝手に家を出て実家に戻った10歳年下の夫。

もう一緒に居たくない、会いたくない、連絡もとりたくない、早く自由にしてほしい、俺の幸せはどうでもいいのか…

など、とにかく離婚を迫ってくる状態が、間もなく3ヶ月になろうとしています。

同じ社内の年下の女の子が好きで、別れたら付き合いたいとのこと。

その子の存在を知ってしまったため、疑ったり責めたりする私がもう嫌いとのこと。

離婚をしたいと言う気持ちは受け止めると伝えたときだけ、落ち着いて普通の話もしてくれます。

ただ、いつまでなのか、ズルズルいくのはズルいとか、とにかく自分の主張ばかりで私の希望などは聞いてくれません。

私は離婚したくないし、こんな状態からでも新たに関係を築きたい。

でも、無理だと言われている以上、年下の夫の将来を考えて離婚するしかないのか…。

考えないようにしても、気付くと会話を振り返ったり、顔を思い浮かべてしまったり、情緒不安定になっています。

 

トヨ様、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

旦那様からとにかく別れたいと言われてしまって、困っていらっしゃるのですね。

でも、無理だと言われている以上、年下の夫の将来を考えて離婚するしかないのか…。

離婚したくないと思っているのなら、その気持ちを大事にしてくださいね。

トヨ様には、まだまだできることがあります。

あきらめないでくださいね。

早く別れてくれと言われている中で、大切にしていただきたいことをお伝えします。

参考にしていただけたら嬉しいです。

相手に満たしてほしいを手放す

今のトヨ様は、過去に意識が向きがちなのかもしれません。

未来に意識を向けた時は、不安がいっぱい。

意識が、過去と未来を行ったり来たりしていて、今に集中できていないような状態です。

して、これは幸福度が下がっている時の、意識の矛先の典型的パターンです><!

もしかしたら、今のトヨ様は、旦那様にまだ気持ちを満たしてもおうとすることを手放せずにいるのかもしれません。

だからこそ、

考えないようにしても、気付くと会話を振り返ったり、顔を思い浮かべてしまったり、情緒不安定になっています。

このような心境になってしまうのでしょう。

でも、トヨ様、はっきり言って、今の旦那様はそれどころじゃありません。

もしかしたら、未来は違うかもしれない。

でも、「今」はそれどころじゃありません。

そこをきちんと受け止めることが、情緒不安定な状態から抜け出す鍵になります。

そして、旦那様が心代わりでもしなければ満たされない心の状態、情緒不安さから抜け出すことが、

2人の新しい関係を築くスタートラインだと思ってください。

俺の幸せはどうでもいいのかと言われたら

離婚に応じない妻に向かって、「お前は俺の幸せはどうでもいいのか」と豪語する男性がいます。

こう言われたら、「あなただって、私の幸せはどうでもいいの」と言いたくなりますよね。

もちろんそんな言葉を返しては、焼け石に水

なんの解決にもなりません。

トヨ様、ショックかもしれませんが、旦那様から見たらトヨ様も「自分勝手な人」に見えています。

えーーですよね、自分勝手なのはどっちだよ、と思うでしょう。

でも、旦那様から見て「自分の意思を尊重しようとしない人」でトヨ様がある以上、それは仕方なのないことです。

ですので、「お前は俺の幸せはどうでもいいのか」と言われてしまたったら

「そうだね」

「あなたが、そう思うのも、無理はないかもしれない」

と認めてしまうのが、一番です。

もっと言うと

「だって、私はあなたと一緒にいて幸せなんだもん」

「そうだね、あなたがそう思うのも、無理はないかもしれない」

旦那様となぜ一緒にいたいのか、シンプルに伝えられるとなお良いです。

今のトヨ様は、旦那様が打ってきたボールをどう打ちかえそうかばかり悩んでいらっしゃるのかもしれません。

でも、

離婚をしたいと言う気持ちは受け止めると伝えたときだけ、落ち着いて普通の話もしてくれます。

そうなんです、打ち返す必要はないんです。

どんな気持ちも、受け止めてください。

離婚にはNOでも、相手の気持ちをきちんと受け止めること。

ここにお伝えしたことをしっかり実践するだけでも、関係が変わってきます。

他にも、新しい関係を築くために必要な要素はたくさんありますが、まずはここからです。

あきらめないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です