気持ちがない。将来一緒にいたいのはお前じゃないと言われました。

離婚危機を乗り越える!

夫婦カウンセラーゆみのです。

今日も無料相談コーナーへお寄せいただいたお悩みにお答えします。

ゆみのさん はじめまして、にょろと申します。

ゆみのさんのブログやメルマガを拝見させていただいております!

辛い時、苦しい時、ゆみのさんの優しい言葉にいつも救われています。

本当にありがとうございます。

わたしは今、結婚して1年半の主人と離婚危機にあります。

きっかけはわたしがモンスター妻になってしまったことです。

主人のお給料のことや 家族のことを悪く言ってしまったり、 主人がしてくれた家事に対して やり方が違うなど文句を言ったり ちょっとしたことで不機嫌になってしまっていつも困らせていました。

わたしは自己肯定感が低く、 自信がもてません。

常に何かしら不安を抱えて生活しており そんな部分を主人に受け入れてほしい、わかってほしいや こうしてほしいという甘えがあり、 多くのことを求めすぎてしまっていたのだと反省しています。

そんな中、わたしの仕事が忙しくなり、気持ちがいっぱいいっぱいになった時、

主人に「仕事辞めたい」と軽く愚痴をこぼしてしまいました。

わたしは冗談でも「そんなに辛いならいいよ」という言葉や、

「大変だね、疲れてるよね」というような言葉をかけてほしかったのですが、

主人から出てきた言葉は「仕事を辞められたら困る」という言葉でした。

その言葉にわたしの気持ちが爆発してしまい、 何のためにがんばっているのかわからない、もう嫌だと言って大喧嘩になってしまいました。

そんな喧嘩の最中にわたしが本気でもないのに「離婚する」と言ってしまい、その他にも暴言や主人が傷つくような行動をしてしまいました。

離婚するかどうか、数日間考えさせて欲しいと言われ、その期間も不安で泣いたり、早く答え出してなどと言ったり、最低な事を繰り返してました。

そして1週間後に主人から出た答えが「離婚しよう」でした。

気持ちがない、将来一緒に居たいのはお前じゃないと言われました。

離婚したくないと伝えても、もう無理、俺が離婚したいと言ったら本気だと言われ話を聞いてもらえない状況です。

とりあえず2ヶ月間、わたしが答えを出すために時間をもらいました。

その間に謝罪を伝えても、俺の気持ちは変わらないと言われてしまいました。

そしてある日、主人から話があると言われました。

話の内容は2ヶ月間待つと言ったけど引越しの関係もあるから待てない。

俺はこの日に引っ越すからそれまでに引っ越しの準備をしてくれという話や、財産分与はこうするなど、一方的に話されました。

わたしはまだ自分の気持ちの整理もできていない、答えも出せていない、あなたの気持ちはわかるけど、あまりにも一方的すぎると伝えました。

すると主人は頭を抱え、もうしんどい、家にも帰ってきたくない、仕事も手につかない、楽にさせてくれと訴えてきたのです。

そんな辛そうな主人の姿を見て、「わかった、あなたがそんなに辛いなら離婚しよう」と承諾をしてしまいました。

最初は主人が楽になるならそれでいいと思っていたのですが、 日が経つにつれて、本当は離婚したくない、自分の気持ちに嘘はつきたくないという気持ちが強くなってきました。

今は主人に離婚の話などはせず、 自分がしたい事、自分の気分が良くなる事をして、家の中では明るく、主人にも必要最低限の会話ですが、普通に接しています。

それもあるのか、わたしの勘違いなのかもしれませんが、主人の態度が前よりほんの少しだけ柔らかくなった気がします。

しかし、離婚を承諾してしまっている事、もうすぐ家を出ていかなければいけないことに変わりはありません。

主人は本気で、もう引っ越しをすることを伝えています。

今住んでいる家も賃貸情報サイトに掲載されていました。

最悪別居になってもいいので、 わたしは離婚したくないと考えています。

やはり離婚はしたくないと主人に伝えたいのですが、 今の状態で伝えていいものか迷っています。

しかし、やはり主人と一緒に居たいです。

好きになって結婚したのに、わたしが関係性を壊してしまったのがいけないのですが、このまま離婚になってしまうのはあまりにも悲しく、辛いです。

離婚を回避し、夫婦仲を修復するにはどうしたら良いのでしょうか?

ゆみのさん、どうかお力をお貸しいただければ幸いです。

長くなってしまいましたが、 お読みいただきありがとうございます。

お忙しいかと思いますが、 どうぞご自愛ください。

にょろさん、ご相談をお寄せいただきありがとうございます。

にょろさんから発した「離婚」の言葉を きっかけに本当に離婚に向けて 話が進んでしまい、どうしようと思っていらっしゃるのですね。

離婚に応じてもいいと感じる時もあれば それでも、やっぱり離婚したくないと思う。

ニョロさんの気持ちがとても揺れている様子が伝わってきました。

今日ここでお伝えすることは 辛口です。

それでも、 にょろさんのお役に立てれば幸いです。

にょろさんの本音

ご相談内容を拝見して、私が少し気になったのは、お金と仕事のことです。

にょろさんもしかしたら旦那様に対して

「もっと、お給料もらってきてくれて お金の管理もしてくれたら、 私こんなに仕事に家のことにって せかせかイライラしなくても済むのに・・ 」

と思っていませんでしたか?

なんだか、働き蜂のような感じがして辛い。

せめて、いつもありがとう。 ぐらい言って欲しい。

でなければやっていけない。

そして、そんなことは 私から言わなくても やって欲しい。

そんな思いで 毎日を過ごしていたのでは ないでしょうか。

そこへ旦那様の 「仕事を辞められたら困る」 は、

お前は働き蜂だと言われたような気がして辛くてたまらなくなったのではないでしょうか

この話をわざわざ冒頭に持ってきたのには 理由があります。

それはたとえ旦那様の気持ちが変わり修復したとしても、この心持ちのままだと、また同じような状況を繰り返してしまう可能性が高いからです。

旦那様の気持ち

「なんのために頑張っているのかわからない」 ニョロさんはそう強く感じた。

でも旦那様もそれは同じだったかもしれません。

毎日毎日働きに出てお金を家庭に入れても給料にケチをつけられ

家事を手伝えばやり方が違うとやっぱりケチをつけられ

仕事を辞めては困ると口にしたら、なんのために頑張っているのわからない! と怒鳴られる。

それはこっちのセリフだよ という感じだったかもしれません。

そして、身を粉にして必死で支えてきたつもりだったけれど離婚したいと言われ暴言を浴びせられ、早く結論を出せと迫られる。

この状況で 離婚したくないといえば 前途のような生活がまた待っていることは 目に見えている。

それは、嫌だ。

だから離婚を選択した。

そうしたら今度は 考え直してくれと言われる。

旦那様はもう逃げたくなるような 気持ちになったかもしれません。

コントロールしようとすることをやめる。

にょろさんは、情熱タイプのような気が致しました。

情熱タイプは自分の不安の解消を相手に委ね過ぎてしまうところがあります。

仕事辞めたいといえば、こんな風に言ってくれるかな

離婚したいといえば、相手から歩み寄ってくれるかな。

そして、その通りにならないと 拗ねたくなってしまう。

そんな癖があるかもしれません。

そして、それはいき過ぎてしまうと思い通りにならないと癇癪を起こす子供タイプに移行しまうこともあります。

さらに、子供タイプはそんな自分を受け入れてくれる王子様を相手に求めてしまう傾向にあります。

ニョロさんには、今お伝えしていることは グサグサくることばかりかもしれません。

でも私も、そうだったのです。

だから伝えられることがあると思って お伝えしています。

私の経験上、 相手をコントロールしようとすればするほど泥沼になります。

シンプルに どうしたいのか、どうして欲しいのかを伝えること。

離婚したくないのであれば もう一度チャンスをくれませんかと お願いすることです。

情熱タイプに必要なこと。

にょろさんは、友達タイプの要素を取り入れると良いかもしれません。

友達タイプは、自分で自分を楽しませることができて、精神的に自立しています。

自らの不安や恐れを 友達を使ってなんとか 埋めようなんてことは しません。

その場を楽しく過ごそうと相手への心配りも忘れない。

それが友達タイプの良さです。

ニョロさんにはもともと、その要素もあったと思います。

そんなにょろさんが、旦那様も大好きだった。

でも、忙しい毎日の中で女性として大切にされているという実感を得たいという思いが湧き出たのではないでしょうか。

その気持ちはとてもよくわかります。

もし修復したとしたら

旦那様に、こういう時は、こんな言葉をかけてくれると嬉しいということを伝えること。

そして、それに応じるかどうかは旦那様に任せること。

そんなことが、修復後の課題になってくるでしょう。

今はとにかく、友達タイプの良さを 取り入れながらも、

毎日働いてくれていて生活を共にしててくれた 当たり前と思えるようなことに、 感謝の言葉を伝えられるようになるといいですね。

もし別居したとしても そこを心がけて もう一度良い関係を作っていくことを 目指してください。

まだできることがたくさんあります。

下を向いている場合じゃありません。

応援しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です