修復したい、きちんと想いを伝えたいです。

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

今日も無料相談コーナーへお寄せいただいたお悩みにお答えしますね。

家庭内別居1年、別居1年4ヶ月目です。

子育てや仕事に終われて、同居というストレスを抱え、主人の事を愛してはいたものの、

「なんで私のことをわかってくれないの?味方してくれないの?」と責めていました。

私の方から、思ってもいないのに離婚離婚と責め立て、

ついには主人の方が離婚を切りだし、DVへと発展したのです。

離婚と言えば振り向いて、私の辛い気持ちがわかってもらえると思っていました。

でも逆効果。

主人を追い込んでしまったのです。

私は、仕事を辞めて自営の仕事に専念して欲しいという主人の想いに応じることもできませんでした。

義理母と折り合いが合わず、私の居場所や頑張りを受け入れてくれる場所は職場しかなかったので、辞める勇気が出なかったのです。

さらに主人は結婚当初から借金がありました。

二人目を出産した時には、

相手にしてもらえないからと女を作り、パチンコに負けた!とか女に慰謝料を請求されたとかで、私にお金を要求していました。

お給料も私に渡してくれるわけではありません。

だから一緒に家業をしてくれ!という主人の要求にもすぐには応えることができなかったのです。

生活費をろくにいれてくれないのに、私が仕事を辞めてしまったら生活はどうなるの?と思ってしまっていました。

母と上手くやっていく自信もなく、暑中出入りする姉たちもいるので、帰ってもまた他人扱いで、居場所もない不安に襲われます。

そこを主人にもわかってほしかったのです。

主人は寂しさを埋めたかったのか、女性の影が見えました。

女性からもらったようなプレゼントや、逆に女サイズの靴のプレゼントなど、女関係を思わせるようなものも車中にはありました。

女性関係を問いただすと、私に対しても男がいるだろう!と逆ギレ。

数日するとまた引きこもるを繰り返し、

両親が早朝仕事に出たのを見計らい、こども部屋ちで寝ていた私を叩き起こし、

「出ていけ!子どもは置いていけ!お前がいたら家族みんなが不幸になる!」と携帯で頭を殴られたり、首根っこを掴まれ畳に叩きつけられたり、DVもエスカレートしていきました。

主人は、勝手な妄想で「男がいるんだろう!」と疑い、

私が精神的疲れで居眠り運転をしてしまい、車を廃車させてしまった時も、「運転中に男と話して、ぶつけたんだろう」と激怒。

それからしばらくはメールも連絡もなく、耐えきれなくなった私は離婚調停を申し立てました。

2回目の調停が終わった頃に、主人から帰ってきてほしいという電話。

二人で2時間程いろんな話をしました。

でも、そこからスムーズに行くわけではありませんでした。

主人の気分や精神状態には波があるようで、忘れたころにまた連絡がきだし、子どもたちも一緒に食事に行ったりもしました。

その間は肉体関係もあり、いい方向へ向かいかけたと思えば、また主人の中で気に入らないことがあると連絡が途絶えるの繰り返し。

そして、先日は主人がいないからと、義母に食事に誘われました。

主人宅で食事をし、子どもたちも楽しくて、テンションも上がり楽しんでいた矢先、まさかの主人の思ってもみない早い帰宅に、部屋の中は静まり返り… その後は主人からの攻撃の電話。

当たり前ですよね!主人のいないとこで家族が集まってたんですから。

「離婚だ!さっさと離婚しろ!」後ろでは義母の怒鳴る声。

でも、もう逃げてはいけないとおもいました。

離婚て言われたことばを素直に受け取り、わかった…と応えました。

そこから過去にさかのぼり、今までため込んでいたものを吐き出すかのように、主人は言葉で攻撃しながらも、私はただただそれを黙ってうなずいて聞き入れました。

今までの私だったら、言い返してました。

一つ成長です。

だんだん言葉は和らぎ、お前はどうしたい?と問われ、

「一緒がいい」と素直に気持ちを伝えました。

「そこにいても一緒にはいられないだろ?」と言われました。

それは帰ってこいという意味だったのでしょうか?

仕事も辞めようと思ってることも伝えると、「なんでもっと早く自分でちゃんと伝えてくれなかったのか?」と言われました。

私の気持ちを踏まえた上で、主人も考えたいと言ってはくれましたが、答えを出されるのがとても不安です。

これを機に修復したいです。

素直になれなかった私を捨てて、きちんと想いを伝えたいです。

ゆみのさんのブログを参考に、やっとここまできました。

長々とまとまりのない文章になってしまいましたが、これから主人にどう寄り添っていけばいいのか、

アドバイス頂けたら嬉しいです。 よろしくお願いします。

sunflowerさん、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

私が、何かアドバイスをしなくても、sunflowerさんはもう何をしたらいいか、答えが出ているのではないでしょうか。

きっと私が伝えることは、sunflowerさんが思っていることと同じような気もしますが^^

今日の記事が、sunflowerさんの背中を押すことができたら嬉しいです。

あなたと一緒に生きていきたいと言えばいいだけ。

sunflowerさんは、ご主人の自営業についていくこと、義理母さんとの関係に不安があったんですよね。

でも、覚悟ができた。

一緒にいたいと思えた。 素晴らしいことです。

あとは、ご主人と一緒にいることができて幸せだということ。

結婚できて幸せだということを、 日頃、折に触れて伝え続ければ、ご主人との関係はかなり良くなっていくはずです。

我慢妻にならない

sunflowerさんは、ご主人との生活の中でどんな気持ちをわかってもらえない気がして、辛かったのでしょう。

具体的にご主人にどんなことをしてもらえたら、その思いが解消できたのでしょう。

もしこの質問にすぐ答えられないのだとしたら、そこをはっきりとさせることが最優先です。

なぜなら、ご主人にしてほしいことがあるのだとしたら、 伝えるのではなく、伝わらないと意味がないからです。

伝わるためには、「大切にしてほしい」「味方になって欲しい」という抽象的な表現ではなく、

具体的にどんなことをしてもらえたら「大切にされている」「味方になってもらえている」と感じることができるのかが、誰が聞いてもわかるレベルで言語化できることです。

レストランに行って、マルゲリータピザが欲しい場合「ピザください」と言っても、ピザが10種類くらいあったら、何ピザを頼まれているのか、お店の人はわかりません。

「マルゲリータピザください」と伝えると、 誰が聞いても、すぐイメージできます。

人はイメージできないと、行動できない生き物です。

料理を作ろうと思っても、料理は作れません。

カレーを作ろうと思うから、料理に取りかかれるのです。

ポイントは、どんな人が聞いてもわかるレベルで、何を求められているのかがイメージできることです。

これが伝えると、伝わるの違いです。

sunflowerさん、想いをぶつけるのでもなく、伝えるのでもなく、伝わる表現をしましょうね。

想いを伝える上での注意点

sunflowerさんは、ご主人が味方になってもらえると感じることができたとしたら、

それは具体的に、ご主人がsunflowerさんにどんな関わり方をしてくれたからでしょうか。

そして、味方になってもらえたと感じることで、

sunflowerさんは今まで得られなかった、どんなものが得られるのでしょうか。

安心感?幸福感?自尊心が満たされる?

色々あるかもしれません。

そしてそれらの、安心感や幸福感を得るための方法が、

ご主人が味方になってくれること以外にあるとしたら、それってなんでしょうか。

sunflowerさんの安心感や、幸福感や、自尊心が

ご主人との関わり方の中だけでしか、得られないとしたら、それはご主人主体の人生になってしまいます。

ご主人に求めるものがあるのはいいですが、

それだけだと、sunflowerさんが苦しいのです。

sunflowerさんの幸福のために、sunflowerさんができることが増えるといいですね。

そして、ご主人にしてもらいたいことは、誰が聞いてもわかるレベルで伝えていきましょう。

sunflowerさんならきっと、想いを伝えられると思います。

応援しています。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です