恐怖感を持たれて修復は難しいかも、、でも離婚はしたくない

離婚危機を乗り越える!
夫婦カウンセラーゆみのです。

今日も無料カウンセリングコーナーにお寄せいただいたお悩みにお答えします。

長文ですが、同じ想いを抱えていらっしゃる方も多いと思いますので、ほぼ原文でご紹介いたします。

夫とは私が15の時から12年の付き合いになります。

途中、夫が仕事で遠距離になることから私から別れたいと言い、半年ほど別れました。

結局、夫のことが忘れられず私から連絡して戻りました。

それからはずっと大きな喧嘩はありません。子供は私に自信がなくてほしくないと伝えてあり、夫も私がいるからいいよ、と言っていました。

一昨年の11月に転勤がありました。

去年の11月上旬に夫が会社の女性と10月頃からLINEでやり取りをしていることがわかりました。

その時は携帯の画面を反らしたので怪しいと思い、こっそりと携帯を見ました。

夫はその女性に特別だよ・貴女だから気になるんだよ、今度カフェ行きませんか等の発言をしていました。

私はとても動揺して、夫に携帯を見たことを謝って、こういうやり取りはやめてほしい 食事に誘うのは嫌だと伝えました。

夫はその女性に好意はない もう業務に必要なこと以外の連絡はしないと言いました。

しかし、その後も連絡を取っている素振りがありましたので

2週間ほど後に聞いたところ、

まだ連絡を取っている 私が見たら嫌な気持ちになる内容のことを言っている 申し訳ない・もうしない・相手に好意はない、と言いました。

やましいことがなければ携帯を見せて、とお願いしましたが、拒否されました

夫は私と一緒にはいたいけど、携帯を見せることはしたくないと。

この頃から私は夫を信じることができず、その女性に好意を持っているであろうと思ってしまい、夫から手を繋ぐなどのスキンシップを拒否してしまいました
(ここ4~5年は夫拒否のセックスレスです)。

LINEも業務連絡のような内容のみになりました。

12月中旬に、私は夫が信じられない 一緒にいてもお互いに良くない 別居か離婚になるのなら話がしたいと伝えました。

その数日後に、夫は同僚の家に行ってそのまま会社の忘年会に行くと言って、出掛けました。

その2、3日前の夫からのLINEがいつになく上機嫌でした。

私は夫を疑い、翌日鞄の中を見たら、女性を誘っていたカフェのレシートと予約票が出てきました。

当日のLINEも上機嫌で、やっぱり…という思いでいっぱいになってしまい、夫をまた問い詰めてしまったのです。

何度聞いても、夫はカフェは同僚と行ったと怒鳴りました。

この時はまだ、私と一緒にいたいけど、携帯や鞄を見られることは嫌だと言ってくれていました。

ここで数日、冷却期間ということで私が実家に帰りました。

私は夫のことを信じたくて、家に戻ってから車のナビの履歴を確認しました。

同僚の家に行った跡はなく、女性を迎えに行って、カフェに行き、忘年会に行った履歴でした

私は正しかったんだと、夫をまた問い詰めたんです。

正しいことが良いこととは限らないのに。

夫は同僚と行ったと言い張り、ナビの履歴は知らんと怒鳴ります。

そこまで詮索するなんて気持ち悪い・怖い・私を信じられない・生理的に無理・出ていかないなら俺が出ていくと。

夫から直接離婚とは言われていませんが、財産分与の話はされました。

私も一度はもう無理だと思い、離婚でいいと言ってしまったのです。

1 2月下旬から別居状態で、鍵を返してと言われたので私が実家に帰っています。

私は離れていることが寂しくて、帰りたいと言ったら

一緒にいるのは無理だと拒否され、 同居を求めたのに拒否なの?と聞いたら、

そんなに勝つ証拠を集めたいのかと言われました。

そこで、初めて夫から12月中旬、出掛けた当日の真相を聞かされました。

女性とカフェに行き、忘年会も嘘で、夜まで一緒にいたと。

もう私も自分を抑えることができず、質問攻めです。

夫もイラついているのがわかっているのに。

その女性に好意はない・相談されたけど会社では話せないから食事に誘った

私が職場の話を聞かない、詮索が面倒

後ろめたい だから言わなかった 後ろめたかった 本当のことを言うぐらいなら別れてもいいと思った

自分だけ被害者だと思うなと。

私に対する気持ちは恋人ではなく、家族に変わっていったということは聞いたので知っています。

でも、本当のことを言うぐらいなら別れる方がいい… その程度の気持ちだったことがとてもショックです。

相手の女性にも今回のことは話しているそうで、それも更にショックです。

今、夫と離れていることが寂しいです。

また、名前を呼んでほしい、抱きしめあいたいです。

なんでも受け入れてくれていた夫に甘えて、やり過ぎたと思っているのに、反省しきれない自分がいます。

嘘を吐いた夫が悪い

私は真実が知りたかっただけだと… 相手の女性への怒りも湧いてきています。

既婚者と二人で半日以上出かける気持ちがわからないし、

間接的ではあるけれど私の幸せを壊したことを知っているのにまだ夫と連絡を取っているのがわからない。

夫は相手の女性の肩を持ちます。

そうすると私はまた傷つきます。

そのことがわかっているので相手の女性への批判は言葉にしていません。

私は自分の予感は正しかったのだからと自分のしたことを正当化して、

嘘を吐いた夫が悪いと責めて、相手の女性を無神経だと怒っている…

今はこんな最低な人間の状態です。

私が拒否したのに、夫から拒否されると、やり直したいとも思っています。

でも、ゆみのさんのブログを読んで色々考えています。

もし、修復できたら…

その後を考えても、昔の夫に戻ってほしいしか出てこないんです。

夫が悪かったと謝って、 相手の女性との連絡を絶ち、私を受け入れて、 私だけを見て、 私が信じられるように全部オープンにしてほしい… 求めてばかりなんです。

相手は変えられない・自分が変わらなければとわかるのですが、どうしたらいいのかわからないんです。

小さいころから自分が嫌いです。

自信もありません。

完璧主義で、劣等感ばかりで、他人にも厳しいと思います。

他人と深い関係も築けず、親しい友人もいません。

小学生の頃は自殺願望もありました。

今でも死にたいわけではないけれど生きていたいとも思わないです。

母からは愛されて育った 今も愛されているとわかっています。

両親は私が18の時に離婚しました。

その時に、父は子供(私たち兄弟)よりも自分が大事だと言いました。

でも、父からは愛されていたとも、愛されていなかったとも思わないです

夫に愛されていたのに、それを信じられず、愛されていない証拠を探して、自分で自分が安心できる場所を壊してしまいました

夫を傷つけて、怒らせて、恐怖感も持たれているので修復は無理だと思っています。

でも、まだ離婚したくないです。 一緒にいたいです。

私はどうしたい?と聞かれても、 相手に求めてばかりです。したい、ではなくしてほしい。

自分を変えなきゃいけない・夫以外の世界との繋がりを作らなきゃと思います。

もし修復できたら帰れるから…と、修復は無理だと思いつつも考えて、仕事も正社員ではなくパートで探そうと思っています。

私からは連絡しない・パートを始める、この行動でいいのか?

しかし、全く連絡しないことも不安なので、生活費の振り込みがあったらお礼のLINEはしても大丈夫なのか?

修復か、離婚か…どちらにしても私が納得してから進みたいです。

 

Mさん、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

くれくれになっていることも、 くれくれだけでは、旦那さまと仲良くできないことも わかっていてもわかっているんですよね。

それでもどうしたらいいかわからず、

ただ、ただくれくれになっている自分を 責めていらっしゃるのですね。

もちろん、 くれくれになっていると 夫婦仲はうまくいきません。

ですが、ここで間違えていけないのは 愛されたいという目的は あっていいということです。

くれくれは手段であり、目的ではありません。

愛されるための手段が、

くれくれでは、うまくいかない可能性が急激に上がるということです。

重要なのは 旦那さまにとって どんなMさんだったら 愛しやすいのか。

旦那さまが 簡単に愛せる Mさんになったとしたら

今と違う どんなコミュニケーションを Mさんはとっているのか。

その具体的なイメージを どれだけMさんが 客観的に見えているかどうかです。

今日の記事が

今後のMさんの幸せに繋がることを願っています。

目的のためにどんな手段を選ぶ?

Mさん

相手の女性との連絡を絶ち、私を受け入れて、 私だけを見て、私が信じられるように全部オープンにしてほしい… 求めてばかりなんです。

もし、これがMさんの目的だとして、

今まで、どんな手段を選んで来たのでしょう。

先ほども言ったように

旦那さまが仮に

相手との女性の連絡を絶って Mさんにオープンに話せるようになったとしたら (目的)

それは、Mさんが 旦那さまに対してどんな態度で接するよう 心がけたからでしょう。(手段)

人は愛情を求めるものです。

愛されたい、当然の感情でしょう。

その目的はあっていいんです。

でも、 なんでしてくれないんだ! と鬼気迫る顔で詰め寄ったり

問い詰めるということを 何度も、何度もしていると

愛されるという 目的を果たせる 可能性が急激に下がる

ただ、それだけです。

愛されたいという 目的がいけないわけでは ありません。

そのための手段が ミスマッチであれば 手段を見直す必要があるのです。

旦那様の嘘の目的

旦那様は、Mさんが旦那様のフィードバック一つで 心の安定が左右することを見抜いていらっしゃったと思います。

本当のことを言ったら とても、Mさんのことを傷つけてしまうかもしれない。

旦那様はそう感じたのでしょう。

それだけ傷つけてしまうくらいなら、 どうしても知りたいというのなら、 離婚しよう。

離婚を選んででも、真実を隠しておこうと思ったのでしょう。

それだけ、Mさんが 立ち直れなくらい傷つくのを恐れたのでしょう。

Mさんが どうにかなってしまうのではないかと 思ったのかもしれません。

Mさんがオープンに話して欲しいと望む一方で

旦那様から見たら とてもオープンに話して大丈夫そうには 見えなかったのでしょう。

でも、、 旦那様のそこまで 隠しておきたいことって 一体何だったのでしょうか。

旦那様は一体女性とどんな話をしているのでしょうか。

会社で何があるのでしょうか。

「どんなことを聞いても大丈夫だから、 本当のことを教えて」

Mさんに必要なのは こう言えることと、 本当にどんなことを聞いても 大丈夫な、Mさんになることだと思います。

そして、パートと正社員

どちらであれば、どんなことがあっても大丈夫と思えそうですか?

これから必要なことは

今までどんな思いをして 旦那様が、Mさんとの生活を 送ってきたか、

旦那様の想いに耳を傾けて それを冷静に受け止められるだけの 心の余裕を作ること。

これが、必要になってくると 思います。

そのために ラインではあれこれ あまり伝えないこと。

振込の感謝くらいは 送ってもいいと思います。

先ずは会って 旦那様の想いを聞けると いいですね。

もし会えた時は 旦那様が愛しやすい、 Mさんになっていることが大切です。

旦那様はMさんのことを愛したいのですから。

後悔しないように できることをしていきましょうね。 応援しています。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です