やはり主人の気持ちは、なかなか変わらないです。

離婚危機を乗り越える!
夫婦カウンセラーゆみのです。

私は四年前に離婚を切り出されました。

理由はケンカが多い事、思い通りにならないと、物を投げたり暴れてしまう事、時には死んでやる!と包丁を持った時もありました。

最低な妻だったと思います。

その時の私は結婚を機に仕事を辞めました。

主人とは会社が一緒だったので同じ職場は気まずいからと私が退職しました。

知らぬ土地で生活していく中で、主人や仕事をしている友人が眩しく劣等感を感じていたのだと思います。

今考えれば、覚悟が決まっていなかったのだと思います。

そして感謝の気持ちも持たなかった。

主人に当たることもしばしばで、なんで結婚する為に夢だった仕事を辞めた私に感謝しないのか理解出来なかったのです。

私は正直に気持ちをぶつけて本音で語るのが当たり前と思っていましたが、主人は徐々に疲れていき、相手にしてくれなくなりました。

子供が幼稚園に入ってすぐに離婚を告げられました。

それからは必死に自分を変えようと、カウンセリングも受けたりしました。

私は厳格な過程で育ちました、なんとなくアダルトチルドレンなのかなとも思います。

今まで主人が私に願ってきた事、最初はうまくいかず泣いたり取り乱す事ばかりでしたが本当にやっとですが、自分を少し変える事が出来始めたのかな、と思います。

以前に比べて日常が有難いし、こんな気持ちを気づかせてくれたのは主人です。

ですが、やはり主人の気持ちはなかなか変わらないです。

きっと、主人の気持ちを覆す事を目的にしてしまっているのですよね。

だから進みも遅いし、何も変わらない。

考えるのは自分自身の事だと分かっています。

でもまた優しい主人の笑顔が見たい、愛されたいと甘えの気持ちが出てきます。

レスも四年半、寂しいです。

自業自得なのですが。

諦め悪いですが、まだ子供が産みたいです。

主人が数ヶ月離婚の話をしない時など、「子どもが欲しい」と言ってしまいます。主人は「その前に俺は離婚という気持ちが変わらない。」と言うだけです。

家族揃っての実家への帰省もほぼなくなり(両家事態は知っています。何も言わず見守ってくれています。)娘を思って近場へ家族旅行へは連れていってくれます。

主人は優しいし真面目だし、頑固で素晴らしい人間なのだと思います。

私はこの家族を守りたいし、主人を幸せにしたい。

手放しがまだ出来ていないのだと思いますが、これからどんな事に気をつけどんな気持ちで生活していけばいいのか相談させて頂きました。

長い文章で申し訳ありません。

あちゃんさん、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

以前の私と境遇がとてもよく似ていますね。

そして、きっとたくさん努力もされてこられたのでしょう。

だからこそ、離婚を切り出されて、もう4年も経過しているのではないでしょうか。

とはいえ、まだまだ、あちゃんさんは暗闇の中にいるような感じがしていらっしゃるんですよね。

これからどうして行けばいいのか、私が感じたことをお伝えしますね。

とても簡単仲良しの法則

あちゃんさんが、これからできること。

それはとても単純で、与えられるものに感謝し、 ご主人にとって、嬉しいことを続ける。

ただ、それだけです。

その方が、ご主人の優しい笑顔が見れる可能性も高くなります。

今まで以上に大事にされる奥様になりますよ。

ご主人の気持ちだって変わってくると思います。

与えることが難しい理由

もし、あちゃんさんが、頭ではわかっているけれど、それが難しいと感じているとしたら

ご主人に対して「わかってほしい」という気持ちがとても強いのかもしれません。

もしかして、アダルトチルドレンでは??と感じる方の多くは

自分の中の、わかってほしいのに、わかってもらえない怒りを抱えていることが少なくなく

この思いが、パートナーに向きすぎると、それこそ、修復が遅くなってしまいかねません。

これは、あちゃんさんも感じているのではないでしょうか。

こういう時は、わかってくれなくて怒ってるインナーチャイルドを癒すだけでは実は不十分で

大人へと成長させてあげる必要があります。

これはご自身だけでは不可能ですので、専門家のサポートが必要になってきます。

修復に向かうために

きっと、あちゃんさんはご主人にしてもらいたいことが たくさん、たくさんあるけれど、

それを我慢して 今までご自身の至らなかったところを、必死で改善してこられたのではないでしょうか。

今日に至るまで、辛いこともたくさんあったと思います。

その中で、努力を重ねてきたことは本当に素晴らしいことです。

ですが、お悩みを拝見した限り、 ご主人に、あちゃんさんの気持ちに答える余裕はまだないようです。

今は、ガソ欠の車に、ガソリンをいれずに「なんで走らないの!」と言っているようなものです。

今まで車そのものが破損していました。

でもその修繕は終わったのです。私はそう思います。

あとは、その車にガソリンを補充するだけです。

どうすれば、ガソリンが補充されるのか。

それはやはり、ご主人にとって嬉しいことを

あちゃんさんが無理なくできることで、続けることです。

これを続けることで、エンジンがかかります。

なかなか変わらなかった、ご主人の気持ちも変わります。

4年も頑張ってきたんです。 あちゃんさんなら、きっと旦那様との関係を取り戻せますよ。

愛を欲しがっているのはご主人も同じ

あちゃんさんが、ご主人からの愛を欲しがっているのがとても伝わってきました。

でも、ご主人もとても、あちゃんさからの愛情を欲しがっているのがわかりました。

本当に夫婦は鏡なのですね。

愛を求めているうちは、

相手がどれだけ愛を求めているかに意識を向けるのって、実は難しいんです。

私があちゃんさんに、このように指摘をできるのは

男性の心理も心得ながら、第三者の立場から見ているから、そう言えるのです。

ご主人が要求に応えてくれない時は、

大体が、もっと、愛情が欲しいと心の中で飢えている時です。

そして、愛を感じるための手段は、男性と女性とでは全く違います。

ですので、旦那様がどんなことで愛を感じるのか、

あちゃんさんはもっと知る必要があるかもしれません。

あとはそれをやろうと、思うかどうかです。

なんども言いますが、私は、あちゃんさんは諦めなければ、夫婦仲絶対よくすることのできる方だと思っています。

応援しています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です