主人の冷たい態度が怖くなり、どうしていいかわかりません。

離婚危機を乗り越える!
夫婦カウンセラーゆみのです。

とてもいい歳してお恥ずかしいのですが…どうしていいのかわからなくなってしまい、今の状況から助けて欲しくてメールをしました。

主人48歳私45歳。 浮気相手は、43歳普通旦那さんがいて、子供も6人いて自分磨きもして小綺麗にしている女性です。

今年、主人が家の横にスポーツジムをオープンさせたのですが、

そこで知り合った女性と5月ごろから浮気がはじまり…

主人の方がゾッコンで、先月には彼女にジムの一室をリンパマッサージが出来るように、ベッドから全て主人が買い用意しお店として与えたのです。

周りへは彼女が月々お金を払って借りている。となっていますが、

ジムもお店もお金はタダ。

お店を与えたと知る前は、まず自分が変わらなくてはと頑張てっいたのですが…

お店を与えたと知った時、浮気が何年も長くなるのではと不安にかられ、

やってはいけないと分かってても理性を失ってしまい、彼女の家へ行きどういうつもりなのか聞いてしまいました。

彼女はとてもしたたかでした。

主人とは何もありませんといい。

今まで以上にジムくるようになり、 そして、主人とは平日昼間あっているようです。

わたしには主人を利用しているとしか見えないので、なかなか放れないのではと、とても不安です。

主人には「お前には愛情はない。」と言われ、家では、子供の前でも話かけても聞こえないふりして無視、そして冷たい態度。

メールやブログをみて色々頑張っていましたが、精神的に弱ってしまい主人のあの冷たい態度が怖くなり悪循環から抜け出せなく、どうしていいかわからなくなってしまいました。

家の横なので彼女と顔をあわすのもストレスで… 訳のわからない文章になってしまいましたが、どうかこのただただ苦しい状況から抜け出せるアドバイスをいただけたらら幸いです。

ちゃんさん、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

すみません、今回は、相談内容を拝見していて ちゃんさん、もっと強くなって!! て、思いました。

色々と他にも感じたことはありますが、この記事の中でお答えできる範囲で書きますので、 何か参考にしていただけるものがあれば、嬉しいです。

態度に怯えている場合はではない

ちゃんさん、兎にも角にも ご主人に怖い態度でいさせておいてあげてください。

間違っても、機嫌を取ろうとかしないでください。

そして、、とにかく部屋を綺麗にして ご主人が居心地のいい部屋を心がける。

そこに集中しませんか。

なぜ、こんなことを伝えるのか。

どんな時であっても、ご主人にとって帰る場所は ちゃんさんや、お子さんたちがいる家だからです。

そこに自信を持っていただきたいのです。

一家の主人としての旦那様を立てる 浮気相手が持っていなくてちゃんさんが、持っているもの それは、旦那様がしっかりと家計を守ってくれているということです。

「あの子たちが、何事もなく、あそこまで成長できたものも、あなたのおかげです。ありがとう」

「いつも私たちのために、働いてくれてありがとうございます。」

ないものばかりを見ると、腹しかたちません。

すでに与えてくれているものに、目を向ける。

そして、感謝をする。

これも、「これができるのは私だけ!」という自覚を持ってやるのと、 ただ、冷たい態度が嫌だから、ご機嫌取りで伝えるのとでは、伝わり方が違います。

妻であることの自信を持ってください。

嫌なものは嫌と言う勇気

もしかしたら、ちゃんさんは元々、嫌なことは嫌と言えないタイプなのでは、とお見受けしました。

いかがでしょうか?

だとしたら、やはり、一番の課題は、嫌だと思うことをきちんと伝えること。

彼女と別れて欲しいと伝えること。

これが大切かもしれません。

この時に「愛情がない、て言われたし・・」て、思うかもしれませんが、 ちゃんさんは、ご主人のこと、好きなんですよね?

だったら、「別れて欲しい」て思うのは当然なんです。

ただ、やっぱり 前途したように、ご主人が心地よさを感じるような環境づくりは大切です。

協調性よりも律する力

ちゃんさんは、交流分析という心理学の分野をご存知ですか?

タイプ別に考え方の傾向を判断するのですが

今のちゃんさんは、ACに偏っていらっしゃるのだと思います。

この場合のACというのは、アダルトチルドレンという意味ではありません。

ACは、協調性が強く、それが過ぎると我慢、依存的になりやすいという特徴があります。

偏りは生きづらさになるので、ちゃんさんが生きやすくなるために必要なのは、律する力、決断力、厳しさといったCPです。

良いことは良い、嫌なことは嫌と言う

褒める時は褒める、怒る時は怒るという、はっきりとした姿勢を意識する必要があるかもしれません。

イメージで言えば、江戸っ子のような潔さが必要だと言うことです。

ACに偏りがあると、どうしても自分をも律する力が弱く、 環境に流されてしまいがちになります。

もし、そんな自分を変えたいのであれば、 一日、必ずできる約束事を自分と決める。

それをした結果、ご主人がどんな反応であったとしても それができた自分をきちんと褒める。

そんな習慣をつけるといいかもしれません。

人には乗り越えられる課題しか与えられません。

ご主人の態度に流され、振り回されるような生活を卒業してください。

応援しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です