別居解消・・でも「やっぱり一緒いるのが辛い」と言われてしまいました。

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

今日も無料相談コーナーにお寄せいただいたお悩みをご紹介しますね。

主人が昨年の10月から冷たくなり、「一緒にいるのがきつい。」と言われ2月から3月まで2ヶ月別居していました。
私は主人から指摘されたことを反省し「今の考え方で生きていってはいけない。変わらなくては!」と思い、自己改善やアダルトチルドレンのカウンセリングや勉強などに必死に取り組みました。
そして夫からも「変わってきたね。」と言われ、、4月から別居解消をしました。ただ、主人は相変わらず笑顔がなく、冷たい態度が変わりません…。私は毎日笑顔で、明るく過ごしているつもりですし、
自己改善も引き続き一生懸命取り組んでいるのですが、
私の悪いところを指摘されるばかりで、良いところは、なかなか認めてもらえない状況です。4ヶ月が過ぎ、先日、今後のことについて夫と話し合いました。すると、「やっぱり一緒に住みだして、一緒にいるのがキツイ。」と言われてしまいました。また、私が過去に夫にしてしまった言動が許せない、
義両親の実家を大事にしなかったことを今でも忘れられず傷になっている、
今更実家を大事にしても逆に腹が立つ、などを延々と言われました。過去の過ちは、私もものすごく反省して、もう何度も謝り、
とにかく自分が変わるしかない、と思って前向きに取り組んできましたが、
そこまで許せない、となると、どうしようもないのでしょうか……。

はるさん、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

今までたくさんの努力をしてこられて、自己改善に努めてきたのに

旦那さまがまだ、過去のことを気にされているのは、はる様も辛いですよね。

さらに「一緒にいるのがきつい」と言われてしまっては、やりきれない思いでいっぱいだと思います。

もう、どうしようもないのか・・と思ってしまいますよね。

今日は、私がはる様のお悩みを読んでいて感じたことをお伝えしますので
参考になれば、嬉しいです。

修復時の話し合いはNG

修復時って、旦那様がどう思っているのかとても気になりますし

ましてや、夫婦の危機的状況ですので「ここは話し合わなきゃ」と思いがちです。

でも、危機的状況で旦那様の気持ちを聞く目的でする話し合いで、良い方向に進むことはあまりありません。

なぜかという理由は長くなるので、ここでは割愛しますが、

そういうものだと思ってください^^

ですので、旦那様から話し合いたいと言われたら別ですが、

自分から、危機的状況の中で話し合いの場を設けることは極力避けたほうがいいんですね。

白黒はっきりしなくちゃという思いが強いほど、話し合いをしようとする傾向にあるので注意です。

許してもおうとすればするほど裏目に出る

旦那様は未だに、過去のことを根に持っていらっしゃいます。

旦那様もまた相当、嫌な思いをされたのでしょう。

この時、修復を望む妻は旦那様に許してもらおうと頑張ります。

でも、実はかえってこの頑張りが裏目に出てしまうことってあるんですね。

謝罪も裏目にでることがあります。

失礼な言い方かもしれませんが、

はる様自身自ら墓穴を掘ってしまっていることがあるんです

なぜ、相手にとって良いことをしているつもりなのにそれが裏目にでると思いますか?

それは、

許してもらおうとすることで

間接的に「相手の意思を否定」していることが少なくないからです。

「もういい加減いいでしょ、許してくれても」

みたいなメッセージが伝わっているんですね。

はる様は、十分に反省してこられたと思いますし、

決してそんな考えで接してこられたわけではないと思います。

ですが、はる様でさえも自覚できていない潜在レベルの思いが、相手に気づかないうちに伝わっていることって多々あるんですね。

こういう時は、許してもらうことで得ようとしている本当の目的と向き合う必要があります。

ここに気づくことができないと、いくらコミュニケーションスキル学んで変える努力をしたとしても

つい、思わず、「許してもらおう!」と躍起になりすぎて、余計に関係を拗らせてしまいかねません。

本当の目的に自ら気づくには、自分を客観視する技術を必要とします。

もし難しければ専門家の力を借りてください。

ご自身の内面を見つめなおすことで「間接否定」が徐々になくなっていき、夫婦関係が良い方向に変わりやすくなります。

とにかく間接的にでも「否定」が伝わると、夫婦仲はさらにこじれると思って間違いありません。

許せないと言っている相手とどう向き合うか。

潜在レベルのお話は、文章では対処法を伝えるのが難しいので、

最後にすぐ簡単にできるコミュニケーションの工夫について、お伝えしますね。

「やっぱり一緒に住みだして、一緒にいるのがキツイ。」

こう言われたとしても

また、私が過去に夫にしてしまった言動が許せない、
義両親の実家を大事にしなかったことを今でも忘れられず傷になっている、
今更実家を大事にしても逆に腹が立つ、などを延々と言われました。

こう言われたとしても、

「そうなんだ」

「そう思ってるんだね」

「あなたはそう感じてるんだ」

一度、旦那様の気持ちを受け止めませんか?

その上で

はる様がどうしたいのかを、伝えてみてはいかがでしょうか?

「あなたのご両親を私にも大切にさせてください。」

夫婦仲修復において「相手が嫌がることをしない」は鉄則ですが

やろうとしていることが、はる様と旦那様とそのほかのご家族の幸せにつながるという確信と自信があるのなら

どんなことを言われても、一度やると決めたことをやり続けてください。

それが「自分軸」です。

応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です