離婚という話を持ち出されるたびに怖くなってしまう私がいます。

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

主人の借金を、妻の私が主人を罵倒しながら返済しました。

以降、家にお金を入れてくれません。

以前は不倫、離婚してほしいと言われていました。

セックスレスで、家ではほとんど話をしてくれません。

一緒にいる意味があるのかわからなくなりますが、離婚という話を持ち出される度に、怖くなってしまう私がいます。

私はただ、普通の家庭を築きたいだけです…

necoさん、お悩みを寄せていただいて ありがとうございます。

ご主人の借金に、セックスレス 女性問題、離婚話

そんなことが続けば 一緒にいる意味があるのか わからなくなってしまうのは、 無理のないことだと思います。

そう、 necoさんは、普通の家庭を 築いていきたい。

ただ、それだけですよね。

今後、neco様が幸せになる上で どんなことをしていけばいいか。

私が感じたことをお伝えします。

参考にしていただけたら 嬉しいです。

ご主人と離れることの怖さと向き合う

necoさんは ご主人と離れることが何よりも 怖い。

セックスレスも、不倫も 借金も すごく嫌だし、耐えられないけれど 離婚はもっと耐えられない。

そんな風に、 文章を拝見していて 感じました。

そして、 離婚といえば 何もいえなくなることを ご主人もわかって わかって言って いらっしゃるような気がしました。

これは、 実際にカウンセリングで もっと深い話を聞かせていただかないと わからないですが、 なんとなく、そのように感じます。

もしそうだとしたら

一番今、もえさんにとって 必要なことは、 一人になることへの 恐れと向き合うことかもしれません。

一人になってもいいと思え、と言っているわけではなく

ご主人の一言で、振り回されてしまうような、孤独への恐れを小さくすることが大切です。

自分を大切にする勇気を

本当であれば、 necoさんの中で

私はそんなことを「されていい」 人間ではないんだ。

そう決めていれば 「いや」と言えるはずです。

でもどこかで そうされても仕方のないと 思ってしまっている、 necoさんが、いるのではないでしょうか。

「だって、私、魅力ないし」

「だって、唯一、私を選んでくれた 夫だし・・」

嫌だと思いつつも、 どこかにそういう意識があれば、 自ずと、そう言った現実を引き寄せます。

つまり、自信のなさが 全ての問題を引き起こしいると 言っても不思議ではないのです。

自信をつけるってどうやるの?

自信をつけるって 抽象的すぎて、とても難しいかもしれません。

自分に自信をつける プロセスはいろいろありますが、

もっと大切にされていい存在なんだ。 と、自分に許可をあげること。

これは、 necoさんにとって とっても大切なことです。

また、 necoさんの幼少期に

大切にされていないように 感じる出来事があって、 それが 当たり前になっていることも あります。

もしそうであれば 幼少期のnecoさんと 向き合い、

大切にされていないと 感じた記憶を書き換えたり、

幼少期のnecoさんにも もっと大切にされていいんだと 許可を与える過程が必要になります。

そうすることで 今まで言えなかったことや できなかった行動ができるようになり、 その結果、相手が変わります。

または新しいパートナーが現れる といった現実を 引き寄せることができるようになります。

参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です