風俗をどうしてもやめてほしい。どうしたらやめてくれるか悩んでいます。

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

今日も無料相談コーナーにお寄せいただいた、かずさんのお悩みにお答えします。

結婚して3年目ぐらいにギャンブルと借金が発覚。

関係が徐々に悪化して今年の7月くらいから朝帰りや帰って来なくなりました。

風俗などに行っていることなどが発覚して夫から離婚か別居を求めてられています。

色々と考えましたが、私の態度とかも悪かった事は反省もしているし旦那さんの事はまだ好きなので、離婚も別居もしたくないです。

でも、風俗はどうしてもやめてほしいです。

やめてほしいたと言ったんですがやめてないみたいで、どうしたら、やめてくれるのか悩んでます。

かずさん、お悩みを寄せていただいていありがとうございます。

ギャンブル、借金に関しては、かずさんも受け入れることができた。

でもどうしても、風俗だけはやめて欲しいと感じていらっしゃるんですね。

今日の記事はどうすれば、旦那様が風俗をやめてくれるのか。

旦那様との関係を良くしていくためにはどうすればいいのかを、お伝えしています。

参考にしていただけたら嬉しいです。

なぜ、刺激から抜けられないのか。

ギャンブルにしても、風俗にしても、なかなか卒業できないのは、

人は不快から逃れようとすると同時に、快楽を得るために、行動する生き物だからです。

人の行動の動機に見事マッチングしているからこそ、

ギャンブルも、風俗も繁栄するのですね。

でも、世の男性全てが、ギャンブルや、風俗につかるというのかというと決してそんなことないです。

その理由は複数ありますが、

一つは、理性が止めるから。

「お金の無駄になるから」

「一度やったら、やめられなくなりそうだからやめておこう」

「こんなことをしたら、妻が悲しむ)

みたいな感じですね。

理性が優位に立つのか、本能が優位に立つのかで、選択が変わります。

そして、本能の最大の特徴は

抑圧しようとすれば、するほど、肥大するということなんですね。

つまり、

「やってはいけません」

と言われれば、言われるほど、やりたくなるということです。

刺激から卒業する方法

「やめてほしいのに、やめて!と言っちゃいけないんだったら、どうすればいいんですか?」

と、思いましたよね?

ここで、一つ、やってはいけないことをやらなくさせる成功例として、あげられるのが「夜回り先生」です。

 

夜回り先生は、夜遊び歩いて家にも帰らないような子供達に、自分から話しかけて、その子達の話を聞いていくんですね。

子供達の良い理解者、どんな面も受け入れてくれる存在

認めてくれる存在です。

「早く家に帰れ!」

「そんなことをしていいと思っているのか」

子供達と会った途端に、説教をするということはしません。

それでも夜回り先生と関わった子供達は、なんのために自分たちと関わっているのか、意図は察するわけです。

そして、この先生が望むことなら、この先生の言うことに応えたいと言う思いが芽生えていき

次第に更生していくんですね。

この夜回り先生の話から、ご主人に対しての関わり方のヒントを見つけることができるかもしれません。

意識が偏っているだけということも

よく風俗に通うということは、自分に魅力がないからだと

風俗と自分の魅力を、イコールでつなげる方もいますが、そうとも言い切れません。

なぜなら、今のご主人は刺激に意識が偏っているだけで

他に何か集中できること、楽しめることに意識を向けていないだけだったりすることも少なくないからです。

ストレスを発散できる場として選んでいるものが、

与えられるもの(風俗・ギャンブルと言うサービス媒体)に意識が偏っているような状態かもしれません。

例えば、元プロレスラーで元タレントのダンプ松本さんは、極度のパチンコ依存症でした。

でも、他に楽しみを見つけることができ、依存症を克服できたと言う話があります。

これは意識の矛先が変わったからです。

では妻にできることは何か。

意識の矛先が変わるきっかけを作ってあげることはできるかもしれません。

例えば

「あなたは、こんな力がある人だと思う。

だからこう言うことがすごく向いている人だと思う」

と才能を認めて、讃える。

ご主人さえも自覚していない才能を見出してあげることです。

そうすると、ご主人も何か新しいことを初めてみようと言う意欲が湧いてくるかもしれません。

ここでついやってしまいがちなことは

無理やり何かを進めて

相手をコントロールしようとすることです。

これをやると、関係がさらにこじれてしまいかねません。

かずさん、いかがでしょうか。

今すぐどんなことから始められそうでしょうか。

この記事が参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です