離婚宣告、本当は会いたいし顔も見たくて泣いてしまいます

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

今日は、無料カウンセリングサービスにお寄せいただいたお悩みにお答えしますね。

ただ今旦那に離婚しようと言われており、 私は実家に約1ヶ月帰っております。

旦那とは何回か電話をしましたが(会いたくないと言われ) ベストは離婚、妥協して週末婚と言われてしまいました。

私自身はまだまだこの試練を乗り越えて より良い夫婦になれればいいなと思っております。

ただ旦那からはラインも無視され(あまり気にしないようにしていますが、昨日はイライラしてしまいました)どうしていくもんかなぁと思っております。

彼の中で離婚したい理由は私がお金を貯められない性格というのが1番ネックだと言われました。(彼は家を買いたいそうです)

たしかに、何があっても使えるお金を貯めておくことは必要だと思い、貯金は少しずつ始めてみました。

なんだか話が支離滅裂で申し訳ありません。

離婚しようと言われる数ヶ月前、私の仕事は繁忙期で 正直心が死んでいました。

家に帰っても旦那は先に寝てるし、 話もできないし、正直寂しかったのです。

そこからなんとなくこういう自体を着々と引き寄せてしまったのかな?とは思う節々があります。

本当は旦那に会いたいし、顔も見たくてたまに泣いてしまいます。

気分の波が出てしまうのも辛くどうしたらいいのか、どう行動したらいいのか正直悩んでいます。

私はどうしたらいいのでしょうか。 教えていただきたいです。

ニックネーム、あろさん、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

別居しLINEも無視されてしまっては、夫婦の仲を良くするためにやるべきことがわからなくなってしまいますよね。

でも、旦那様が感じている、あろ様への不満がとてもはっきりしているので、解決できる可能性はとても高いと思います。

どうしたら別居の状態から、また夫婦をやり直せるのか。 夫婦再生のためのポイントを、お伝えしますね。

他人軸を卒業する

あろ様、もしかしたら、あろ様も気づいていらっしゃるのではないでしょうか。

旦那様がどうあるかで、あろ様の幸せが完全に左右されてしまっていることに。

もし明日の朝、目が覚めて旦那様との関係が元どおりになっていたとしたら、

今までとまったく同じ振る舞いの旦那様に対して、心が動じないと言い切れますか?

これは、あろ様だけではありません。

離婚の危機において、多くの方が試される課題なのです。

もちろん、私もこの課題にぶち当たってきました。

相手がどうあっても、自分のあり方は決まっている

そういう女性こそ、幸せを掴めるものです。

旦那様の反応で幸福を得る方法以外に自分を満たす方法を、あろさんはいくつ持っていますか?

妥協案を受け入れる。

旦那様は「週末婚」ならいいとおっしゃっているんですよね??

他人である以上、思いが通じ合わない時もあります。

通じ合わないたびに、自分の意見を押し付けていたら、それこそいい関係ではいられなくなってしまいます。

全く会えないなら、まずは会うところから。

週末婚なら、まずは週末婚から

お互いが折り合いをつけられるところを見つけて、そこから関係を作り直す。

地道に思えますが、破局寸前までいくとそれすら、大変になってしまうのです。

週末婚を、マイナスと捉えるのかプラスと捉えるのかは、あろさん次第です。

もちろん、相手が嫌だと言ったことは、きちんと改めるのが大前提です。

lineは、会うためのツール

女性にとって、lineは会話同様コミュニケーションツールです。

でも、考えてみてください。

距離を取りたい相手から、返事の必要性があるのかないのかもわからないメッセージが来たら、ちょっと返信するのに躊躇すると思いませんか?

女性ですらそうですから、連絡事項という目的でツールを使う男性はさらに返信する必要性すら感じないでしょう。

けれど、自分にとってメリットがあることを送ってくれたら別です。

この場合でしたら

「自分の要件をのんでくれるかもしれない」

「自分の気持ちをわかってくれた」

こんな風に相手が期待を持てると、返信が来る可能性は高くなります。

そして会える可能性も高くなります。

もしかしたら、今のあろさんのLINEはそう感じさせるものではないのかもしれません。

だとすれば、 LINEの送る内容を変える必要があります。

そして、注意が必要なのはいくらLINEで、相手の気持ちを動かしたとしても、実際に会った時に 「結局この人は、何もわかっていない」と思わせてしまってはさらに関係が離れてしまう可能性が大きいということです。

そう、結局どれだけ相手の心に寄り添えるかというところがポイントになるんです。

うわべだけ取り繕うと、本当に修復が困難なほどこじれてしまうので、注意してください。

「会いたい」という気持ちを伝えることは大事。

でも気持ちを押し付けすぎないようにしてくださいね。

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です