耐えきれず「一緒にいるのがもう嫌なの?」と聞いてしまいました。

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

今日もいただいたお悩みにお答えしますね!

いただいたご相談はこちらです。

はじめまして!いつもブログ拝見させてもらってます♥

昨年から夫婦関係に大変悩んでいます。

夫婦の営みも、1年パッタリ無くなってしまいました。

キッカケは、旦那が幹部に昇進してからの仕事の多忙さと、出張で、事務の女の子と仲よくなり、浮気を疑うように私がなってしまった事だと思います。

忙しい中でも、事務の女の子の彼氏との悩み相談を聞くため二人で飲みに行き、朝5時帰りが何回かあったので、旦那に昨年末浮気を問いただしたら否定しましたが、やっぱり怪しいです。

今日は子供が外に遊びに行って、久しぶりに夫婦二人の時間ができたため、昼寝をしていた旦那の横に寝たら、起き上がって別の場所へ移動してしまいました。

耐えきれず、「一緒にいるのがもう嫌なの?」と聞いてしまいました。

決定的な事も分からず、旦那も本心を話してくれないため、こんな毎日がこれからずっと続くのかと悲しいです。

もう一度、付き合ってた時や、結婚したての頃のような、よく笑いじゃれあえる二人になりたいです。

チビチビさん、お悩みを寄せていただいてありがとうございます。

女の子の悩みを聴くため飲みに行き、朝5時帰り・・は浮気を疑いたくなってしまうのも無理はないです。

チビチビさんだって、疑いたくはなかったですよね。

でも・・

昼寝をしていた旦那の横に寝たら、起き上がって別の場所へ移動してしまいました。耐えきれず、「一緒にいるのがもう嫌なの?」と聞いてしまいました。

こう聞きたくなるのも無理はないですが、旦那様は窮屈な思いをするかもしれません。

チビチビさんは旦那様に窮屈な思いをさせたいわけでは、、ないですよね?

もちろん嫌なことがあったらそれを溜め込むのは、チビチビさんが苦しくなるのでダメです。

夫婦修復はチビチビさんも、旦那様もお互いが幸福でないといけません。

これから先ずっと仲良し夫婦でいるために私が感じたことを3つお伝えします。

参考にしていただけたら嬉しいです。

なぜ男に「疑いの言葉」をかけてはいけないのか。

「浮気しているんじゃないか」

「私のこと嫌いなの?」

先ほどもお伝えしたように、旦那様の言動を見ていては、疑いたくなるのも無理はありません。

でも疑いの気持ちが出た頭の中の言葉を、そのまま相手に伝えていいかどうかは・・ちょっとストップです。

もしかしたら旦那様は少し後ろめたい気持ちがあって、その場を離れたのかもしれません。

あるいは、たまたまかもしれません。

理由は、わからないですよね。

でも、今わかることは、少なからず旦那様にも一人になりたいときがあるということ。

ちょっと居心地が悪くて離れようとしただけで「一緒にいるのが嫌」と解釈されてしまう。

すると、男心はこんな風に感じるかもしれません。

「毎日必死な思いで仕事をしている俺の日々の努力はなんなんだ・・・」

そう、大切に思っているからこそ、頑張っているのにその姿を全然理解してくれないような気分になってしまうんです。

男はもともと女性より孤独を感じやすい生き物です。

一番理解して欲しい人に理解してくれないと、どんどん心が沈んでしまうのです。

今チビチビさんも孤独だと思いますが、 チビチビさんと同じように旦那様も孤独を感じている可能性は大きいと思います。

チビチビさんに埋めてもらえない孤独間を埋めるための、代替えを求めたくなるのも男性です。

もし今は浮かれていたとしても、それは一瞬の枯渇感を埋める刺激剤でしかないことが多いのです。

女性は、お金ではなく、コミュニケーションで愛を感じる生き物です。

ですから、チビチビさんが「愛されていない」と感じるのも自然なことです。

だかこそ何度も言いますが、疑うなと言っても難しく感じるでしょう。

でもそれをそのまま「愛していないの?」と「直球で返す」と、働いてお金を持ち帰ってくることが何よりの愛情だと思っている男性を全否定することになるので、本当に要注意です。

感情と行動の間のスキマ

チビチビさんは感情に後押しされて、頭の中の言葉がそのまま出てしまいました。

ショック、怪しい、悲しい、色々な感情が渦巻いた結果だと思います。

でも、実は、感情と行動の間にはスキマがあります。

感情は瞬時に湧いてくるもので、コントロールは利きません。

けれど、感情が湧いた後、どう行動するかの間には「選ぶ」時間が与えられています。

これは何もチビチビさんだけではありません。

今自分が取ろうとしている行動が、幸せのために役立つのかどうか、考える時間のスキマが私たちには与えられています。

この時間を有効的に使えるかどうか。

これが、相手に振り回されてしまうタイプと、自分軸を持って行動できる人の大きな違いといってもいいかもしれません。

あなただけの「成功体験」に気づく

ご主人が、チビチビさんのそばを離れた時、瞬時に沸いた感情はどんな感情でしたか?

もしかしたら、腹が立った・・というのもあるかもしれません。

「私のこと嫌いなの?」は相手がどう思うかで、チビチビさんがどう感じたかが、抜けてしまったのが気になりました。

チビチビさんは日頃、ご自身の気持ちを表現する習慣はありますか?

寂しい時は、寂しい

悲しい時は、悲しい

切ない時は、切ない

きちんと言葉にされていますか?

例えば、怒りの気持ちを表現するのだったら 「ちょっとどうして離れるのよ!」と相手を責めるような感じで言ってしまうと、相手は一緒にいたいと思えません。

二人の時間を穏やかに過ごしたいという目的が、本来のチビチビさんの目的なら、だいぶかけ離れてしまいますよね。

それをこんな言い回しにしたらどうでしょう。

「ちょっとー離れたら嫌だー!追いかけちゃうぞー!待てー!」とユーモアを交えて伝えてみる。

あるいは、 「ちょっとくらい一緒に寝かせてよー!けちんぼ!!」と怒ってみる。

こういう言い回しに変えて相手が笑えばしめたもの。

もちろんこれも一般論で、旦那様に100%有効とは限りません。

でもこれだけは言えるのは

>>よく笑いじゃれあえる二人になりたいです。

仲良しだった頃は、チビチビさんは旦那様に対して、今と違うどんな接し方をしていたか。

旦那様ともう一度仲良しになる秘訣は、チビチビさんの「過去」にあるということです。

チビチビさんは、旦那様に結婚したいと思わせたほどの女性です。

最近現れたような娘と比べて落ち込んでいる場合ではありません。

1日も早くご主人とチビチビさんだけの「成功体験」を思い出してください。

旦那様がエスパーではない限り思い出すだけでは伝わらないので、再現してください。

今日の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です