私の夫はアダルトチルドレン?

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

男性って、与えたい生き物です。

自分がいることで、大切な人が幸せになってくれることが、嬉しい生き物なんですね。

多くの場合は、その大切な人とは、女性をさします。

男性にとって、この世に生を受けて、一番最初に出会う異性

それは、お母さん。

自分がいることで、お母さんが笑顔になってくれる

あなたがいると、幸せ!生まれてきてありがとうと、言ってくれる。

そう言ってくれるだけで自己肯定感は、保たれます。

でも、、

お母さんが、いつも悲しそうな顔していたら??

お母さんが、いつもため息ばかりついていたら

お母さんが、いつも大変そうだったら??

そんな「大変そう」なお母さんをずっと見ながら、暮らしていく

もしかすると、そんな毎日は、

旦那様の、幼い心のなかに、ある思い込みを植え付けてしまうかもしれません。

それは、時として

旦那様自身を、そして、未来の大切な人まで苦しめるかもしれない思い込み。

そう離婚を切り出す旦那様も、心苦しい思いをしていらっしゃるんですね。

そして、

その思いを、心から理解してあげることができたとき

離婚を切り出された状況においても、

今までより、より一層旦那様の気持ちに寄り添うことができるかもしれません。

その旦那様自身をも苦しめる、幼い頃から根づいている、思い込みとは、なんなのか

それは

「結局俺は、大切な人を幸せにできない」

「どうせ、やっぱり俺はダメだ」という拗ねのようなもの。

男性にとって、大切な人を幸せにできないことは、それは、それは、大きな無力感が伴うんですね。

これを認めることは、プライドが許しません。

この思い込みがある男性は、とにかく

女性が目の前でイライラしたり、辛そうにしてたり、苦しそうにしてたり

不幸いっぱいの姿を見ることが、耐えられません。

潜在意識の部分で

そうさせているのは「俺のせい」と責任を感じています。

でも、「俺は大切な人を幸せにできない」が根っこにあるので、

なんとかしようというエネルギーがわいてきません。

その現実に耐えかねて、逃げたくなる男性もいます。

女性に逃げる人もいるし

物質的にただ、距離を置く人もいます。

お酒、暴力に逃げる人もいます。

そんな、旦那様と、どう向き合っていけばいいのか。

答えそのものは、いたってシンプルで

いかに、旦那様と結婚したことが、幸せか伝えること。

本当に、ここにつきるんですね。

言うがやすし、行うが難し・・でしょうか。

そう感じたとしても、無理はないかもしれません。

これ、具体的じゃないと、伝わらなかったりします。

しかも、あまりごちゃごちゃ、長ったらしく説明しても、男性脳は、???になってしまいます。

結婚したことが、幸せという伝えるだけなのに

男性と、女性、生態がまったく違うので、伝え方にも工夫が必要なんですね。

「どうせ俺はダメなんだ・・」という誤解を解いていく、「幸せの気持ち」の伝え方を、8/26(土)ワークショップでは練習します。

ワークショップのご案内は、メールレターからさせていただきますね。

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です