独りよがりになりすぎて、大切な関係を壊すことをおしまいにしたいあなたへ

独りよがりになりすぎて、大切な関係を壊すことをおしまいにしたいあなたへ

 

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

夫婦修復、離婚危機 ここを乗り越える方に、共通していること、それは いかに、相手の気持ちに、寄り添えるか。

相手の心の重み、意思の重さを、相手と同じくらいの重力で、感じることができるか。

「共感力」に、かかっているような気がします^^ 幸い(?)夫から、2度も離婚を切り出された私は、この、共感力が、長けていたようです。

 共感力とは

共感というと、少し、抽象的のような気がして、イメージしづらいかもしれません。

共感とは、相手と同じ重さで、気持ちを受け止めること。

そして、

相手が心地いいと感じることって、なんだろうと、 これもまた、相手の目線に立って、物事を見てみる。

あんなこともしたらいいかな、こんなこともできるかなと、 お部屋の配置、あれこれを工夫した結果、本当に、自然と、修復に向かうことができました。

共感力は、後天的な能力

この共感力、実は、いくらでも、後天的に身につけることができる能力の一つだということは、 実は、あまり言われていないことかもしれません。

ちょっと、専門的な感じがしますものね。

でも、あなたも、共感力を、高めることができます。

ちなみに、相手の気持ちを感じすぎて、罪悪感でいっぱいになってしまう時は、

反省しているから許してほしいという、コントロール欲求が見え隠れしたり、

「残念な私」を無意識に演じすぎてしまって、余計に男性はひいてしまいます。

この場合は、本当の意味で、共感できているとは言えないかもしれません。

共感力を磨きながら、しっかりと境界線を引く

共感というと、相手との境界線が曖昧になりがちですが、

例:相手のことを考えると何も言えない、できない。

そこは、しっかりと、区別をつけなければいけません。

ここが皆様、とても苦労される部分だと、感じています。

けれど、ここをしっかりと、区別できる方こそ、

独りよがりになりすぎず、相手を思いやりながらも自分の思いを、きちんと主張できる女性に成長していかれるようです♡♡

もう、独りよがりになりすぎて、大切な関係を壊すことを、おしまいにして。

共感力をあげると、 旦那様のあなたの目を見る目も変わるかもしれません。

ぜひ、共感力を磨いてくださいね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です