愛されたいのに、怖がっちゃうインナーチャイルド

 

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

インナーチャイルドと、どう向き合ったらいいか、わかりませんという相談をいただきます。

確かに、目に見えるものじゃないから、少し、難しいですよね。

インナーチャイルドってね、子供です

子供は、親がいないと生きていけません。

だから、親から愛されなくなったら、死んでしまうと思っています。

親から嫌われたら、認められなかったら

自分の存在価値は、ゼロに等しいと思っています。

だから、愛されないと、感じること。

嫌われたと、感じることは、生命の危機レベルで、怖いんですね。

そうすると、無意識に、愛されるために、頑張り始める。

これはしたらいけないかな。

これは、嫌われる?

ずっと、ずっと、ひっついていたくて、

ひっつかないと、生きていけないと思っているから

相手の好みから、外れることを、怖がるんですね。

私も、ずっと、このステージにいました。

そうすると、どんなことが、起きるのか。

これ、かなり、やっかいなんです!!

自分を出すということが、怖くてできなくなってくるのですよ><!

この、親とのコミュニケーションの癖が、

離婚危機になった時に、突如、再現されて

仲良くなりたいのに、怖くて、自分から歩み寄れないという矛盾を生み出すんですね。

この怖さを解消しないと、夫婦仲を改善するって、難しい!

だって、腰が引けてるんですもの。

腰が引けてるって、相手から嫌がっているようにも、見えちゃう。

じゃあ、どうすればいいのか。

・・・

いやいや、どうするも、なにも!!

愛されていないと、感じると、怖くなるインナーチャイルドの、

そもそも、愛されていないというのが、誤解。

子供は、都合のいい生き物で、

愛しているのなら、〜してくれるだろうと、思っているもの。

そして、してくれないから、愛していないんだと、騒ぐもの。

でも、愛されていたとしても、思ったものを、与えられないことってあるんですね。

愛しているからこそ、厳しさを持って、与えないという選択をすることもある。

それか、その時に、与えなかったことに対して、まさか愛されていないと思ってしまったとは

露ほどにも、思っていないこともある。

この愛の形を、履き違えて、大人になると

かなり、パートナーシップに乱れが生じるの、想像できちゃいますよね。

だって、そのまま行けば、

夫が自分に何をしてくれているのか、ずっと見張っている妻の出来上がりですもの。

これからも、夫婦仲を続けていきたい

けれど、愛がそこにないような、気がして苦しいのなら、

その、何もしてくれない状況において

どれだけ、愛を見出すことができるか。

幼い頃、誤解していた愛の定義を、学び直す時なのかも。

愛されていることを自覚して

窮地に立たされた時こそ、愛を受け取り、感謝を表現できるあなたになる。

これに、勝るものってありません。

大丈夫、あなたは、愛されてるよ♡

インナーチャイルドが抱えいてた愛の誤解は、ワークショップでときます♪

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です