夫から離婚宣告!?修復に向けて知っておきたい3つのこと

どうする?夫からの離婚宣告

離婚危機を乗り越える!夫婦カウンセラーゆみのです。

夫から離婚を切り出されても、また夫婦をやり直すことは可能です。

修復に向けて、必要なことを3つご紹介します。

離婚を切り出された時は、突然頭が真っ白になって、ただ、ただ、うろたえるばかり。

理由を聞いても「愛情がなくなった」「ずっと我慢していた」「先が見えない」

どれも釈然としないものばかり。

けれど、今までもし、夫婦で腹を割って話すことがなかったとしたら、

あなたにとって、それがどんなに受け入れがたいことでも、

お互いのことを、話し合うチャンスと言えるかもしれません。

話してくれたことに、敬意を示す

やってしまいがちなのは、つい、その場で

直すから!改めるから!考え直して!!と、すがってしまうこと。

男性は、口では、なんとでも言えることをわかっています。

そして、その姿は、魅力的に見えません。

妻は、夫にとって、魅力的に見えることが大事。

まずは、敬意を示しながら、我慢してくれたこと、打ち明けてくれたことに、感謝を伝えるところから。

毅然とする

愛してるのか、愛されていないのか

愛を自身に問うと、女性は感情的になりやすい生き物。

離婚を切り出されてる時というのは、愛は一度置いておいてください。

なぜなら、愛してる、愛してない以外に、もっと別のことが離婚理由にあるからです。

まずは、人付き合いの基本、礼儀を重んじて。

相手を尊重してる気持ちを、言葉だけではなく、態度で表す工夫を。

そして、すぐに考えを改めてもらおうという気持ちを、手放すことも忘れずに。

有効でないことを伝える

あなたが、ごねても、押し通せば離婚に応じるものだと男性は思っています。

でも、それをされれば、あなたもまた、頑なになり、話は混沌としていくことでしょう。

あなたが納得しない限り、基本的に離婚は成立しないのです。

そのことを、どうか忘れないで。

その旦那さまの方法では、応じることができないこと。

女性らしく、頑なにならず、やんわりと、そのことを、旦那さまに伝えましょう。

いかがでしょうか。

離婚は絶対嫌、早く修復したい!という気持ちは、よくわかります。

でも、焦りは禁物。

まずは、初心にかえって、謙虚な心を取り戻して。

その上で、必要なことをしていくと、夫婦関係はより良いものになっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です